2008年03月25日

[2008.03.23]大宮戦(ナビスコ杯 予選leg.2)アーカイブ

[OHP]0-0(前半0-0)(PC

[J's GOAL]ゲームサマリー(PC
桑原隆監督(PC
Q:兵藤の初スタメンと評価について
「この間は水沼宏太とアーリアジャスールを出したが、
兵藤も出させてJの厳しさを感じさせプレーになれさせるという期待があった。
こういうところで使って、経験させないと、と思っていた。
前半はちょっと緊張があったかもしれないが後半はもち味が出た」


兵藤慎剛(PC
「最初は気持ちが高ぶった。前半15分過ぎてからマツ(松田直樹)さんが声をかけてくれたこともあって、やりやすくなった。
(笑顔を見せていたのは)自分の中で、笑顔が出ていた時の方がいいプレーができることが多いから。
今日の試合は遠慮してしまった部分があった。
ボランチの関係ではアーリアが下がり気味で、僕が前に行くイメージでプレーした」


[マツの周り:横浜F・マリノス新聞系ニュース]
VS 大宮戦(20080323)記事まとめ

[カナロコ ※要会員登録]コラム:コーナーキック(PC
助っ人の目覚めは?

(略)
前半15分、MFロペスの柔らかいタッチのパスが相手DFの頭上を越えFWロニーの足下に。
だがシュートはDFに当たりゴール左へとそれる。
同35分にも再びロペスのパスにロニーが抜け出すが、
最後はGKをかわしながらも、カバーに入ったDFに阻まれた。

「大島、ロニー、坂田の3人のFWで回していくしかない」。
指揮官は今後の過密日程をにらみ、リーグ戦2得点のエース大島を温存。
ロニー、坂田の2トップに試合を託したが、期待は裏切られる形となった。

「いい動きをみせていたしシュートもうまいのだけどね」。
試合後ロニーをかばった指揮官だが「決めてほしかったのが本音」とも。
内容は悪くなく、チームはいまだ無敗。
とはいえ、眠れる助っ人の目覚めは早いに越したことはない。


posted by ろこ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。