2007年11月08日

[2007.11.03]佐川急便SC戦レポ

■ハマトラ(紙)編集部のお手伝いでナンパしてみた。
(´-`).o0(そもそも編集部員じゃねーかと<"お手伝い"とは何事かと)

ハマトラの新コーナー「インチャガールズ」。
「ちょっと、あそこの女子、気持ち入ってるんじゃね?」
という女子サポを紹介するコーナーである。(…だよね

同じくハマトラ編集部のヨウ@横浜HEADSが、
インチャガールズの取材を始めようとしたところで、俺捕獲される。

「ろこさん、誰かいないっすかね?」と振られたので、
その場で振り向いた先にいた、がっつりマリユニ&金髪女子サポ。
「彼女いいんじゃね」(即決

ヨウ「いや、隣に男いますよ。男がいい顔しないっすよ」
ろこ「あれ、男(彼氏)か?弟っぽくね?」
ヨウ「ちょっと、ろこさん行ってくださいよ」

…ということで、待機列を舐めながらうしろ45度から近づく。

かくかくしかじかで、かしまがしかで、
インチャガールズどうですか?

「あ、はい」(即決

隣りの男子は、ロコさぬの睨んだ通り、弟さんでした。

取材と写真を撮っていると(ヨウが)、その弟がビデオカメラを取り出し撮影(w

写真を撮られている姉をビデオで収める弟…を撮るロコさn
というおいしい図を談笑していて取り忘れました(ダメぢゃん

次か、次の次のハマトラに載るんじゃないかしら。

■ロコさぬが潮…じゃなくて塩吹いた。
天皇杯4回戦が開催される文化の日あたりは「晴れの特異日」と言われ、雨が降らない。
逆にこの陽気にほんわかしているとヤられるわけだが。

この日も快晴、いい天気。
スタジアムに入ったら、半そでTシャツでOKな陽気である。

そんな日のハーフタイム。
「ロコさん、ほっぺ(耳の前あたり)が白いッスよ」
なんか毛でもついたかと手でこすると、白い粉が指先につく

「塩じゃないッスか?」
舐めてみる。

Σ(・Д・ノ)ノ 塩っぱ! 

塩だよ、塩。
たしかに汗っかきなロコさぬではあるが、
試合中に汗が乾いて、塩を吹くなんてーのは初めてのケ・イ・ケ・ン!

男も女もシオを吹くまでヤんないとな!

---

真面目に(?)分析すると、夏だとハーフタイムで中も汗かいているし、
冬だと汗が塩になるほどの気温と時間が足らないんだろうな。

■試合レビュー
[OHP]4-1(前半1-1)(PC
観衆6,358

[J's GOAL]ゲームサマリー[なし]

狩野健太(PC
「久々の出場で、しかも90分。緊張しました(笑)。
もう少しやりたいことはあったが、考えすぎてしまった。」

早野宏史監督(PC
「ハーフタイムではボールのつなぎが臆病だったので、
もっと前線と2列目へ積極的に狙ってトライするように指示した。

また相手の9番の選手(御給 匠)が、スカウティングの情報以上に身体能力が高かったので、
彼と彼の周囲を十分ケアするように、というアドバイスもした」
(´-`).o0(す〜か〜う〜と〜!!!!)

[マツの周り:横浜F・マリノス新聞系ニュース]
VS 佐川急便SC戦(20071104)記事まとめ

[カナロコ ※要会員登録]コラム:コーナーキック[紙面より]
前半を終えたロッカールーム。
いつもはハーフタイムで何も言わない水沼コーチの怒声が響いた。
「何も伝わってこないぞ」覇気を欠いたプレーの数々は、
先制直後に奪われた同点ゴールに象徴される。
(中略)
早野監督は「収穫は勝ったことだけ。戦術的には何もない」
その指揮官も試合直前に戦術変更を試みるなど、ちぐはぐな印象は否めない。
勝っても確たる自信は戻らない。
唯一残されたタイトルへの道のりは険しい。

■編集後記
今回の神奈川新聞のコラム「コーナーキック」がネットで見れないのが惜しいな。
「天皇杯」「リーグ戦」で分けることなく、一本の線でもろもろ繋げていかないとな。
posted by ろこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65240903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。