2007年10月09日

[2007.10.06]FC東京戦レビュー

■試合レビュー
[OHP]1-2(前半0-0)(PC

[J's GOAL]ゲームサマリー(PC

早野監督
「最近はやってはいけないことをやりすぎる傾向があると思う。
1失点目のシーンも大島がシュートで終わっていれば何も問題はなかったし、
2本目はもう信じられないような状況だった。

ただこれは現実なので、今回やったことを次にしないということで、
やり方は変えずやっていきたい。
---
河合竜二
「相手の選手交代後、どこについていいのかという戸惑いはあって、
プレスがかからないところもあり、あまりいい形ではなかったです。
ああいう風にやられると中盤からプレスがかからなくなるので、
振り返ると、うちがもっと相手のいやなところを突いていけばよかった。」

---
[マツの周り:横浜F・マリノス新聞系ニュース]
VS FC東京戦(20071006)記事まとめ

---
[カナロコ ※要会員登録]コラム:コーナーキック(PC
先制点を奪ったMF山瀬幸は「こんな雰囲気は味わったことがない」。
試合後のロッカールームは長い沈黙が続いた。
posted by ろこ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。