2006年10月16日

2007年手帳選びの旅(日帰りで決まりそう(早っ )

20061016_10.jpg

すでに書店には、早くも来年の手帳がズラりと並んでいます!
と言っても今年もあと76日だそうです(PC

さて、今年(2006年)から見開き1ヶ月のカレンダーだけの極薄手帳を採用していますが、

【結論】わりと(・∀・)イイ!!

何かを確認する時に手帳を取り出し、「これイインダヨ!」と勧めるも
友人・知人からは、「書き込める量少なくない?」と返されることが多いのです。

平日、昼間つまり就業時間中のスケジュール管理は、
会社のサイボウズ(PC)で管理しているので、
夜遅くなるとか休日出勤のスケジュールのみ紙手帳で管理すればよい。

で、プライベート的な他の案件は、カテゴリごとに4色ボールペンで色分けしてるので、
パッと手帳を開けば、感覚的にスケジュールを捕らえられるのさ。

ちょっとしたメモは、ポストイット(付箋)に書いておいて、
その案件が終われば捨てちゃえばいいというのも便利な使い方として紹介しておくよ。

で、来年の手帳はどうするかと。
とりあえず今と同じ「高橋手帳」(PC)より

20061016_schedule01.jpg

リベルデュオ

実は6月に手帳を失くして(涙 同じものを買い換えた。
その際、

失くす前 :銀+透明ビニールカバー
失くした後:青ビニールカバー

と、あえて違う色(形状)にしたのですが、(理由:あなたを見るたびに思い出してしまうから)
カバーの材質的に、透明カバー付きの方が汚れにくいというのがありますね。
わりと頻繁にスケジュール帳をパカパカするタイプだし、
薄くなった分常に持ち歩いているので、必然的に汚れてしまいます。
(´-`).o0(だから失くすんだという声は無視)

やはりカバー必須ということですわ。
が、そんなロコさぬの手帳選びに邪魔するヤツ(手帳)が現れた!
同じ高橋手帳で…

20061016_schedule02.jpg

ティーズスリム

基本線は、リベルデュオと一緒なんだけど、
1ヶ月見開きカレンダーの次のページに、
見開きのメモページが挟んで次のページとなっている。

つまり
1月のカレンダー→
1月用メモページ→
2月のカレンダー(以下、続く)

となっている。
ほほーこれはこれで使いやすいと思うよ!
今、ポストイットを使っているところをこのページに書けばいいのだ。

さらにリベルデュオには付いていない「フリーポケット」がついている。
ロコさぬは手帳に切手をいれているのだが、
今のだと、表紙の裏にむりくり挟み込んでいるかんじなので、
開くたびに指で落ちないように奥にいれている。
もちろん、ちょっとした名刺をいれておくのにも丁度いい。

これはいい!まさにかゆい所に手が届いた手帳。
これか!2007年はこれなのか!

( ´・ω・`) でも表紙のデザイン(色)がなんとなく
女性チック、そしてカバーの汚れが目立ちそう


うーん、来年もリベルデュオかナー。
とっとと決めて来月から使い出すようにするかしらん。


posted by ろこ at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 思う事言わねば腹ふくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アタシ毎年手帳買うの失敗するんですよw失敗というか、買った後にもっと良いデザインのを見つけたり。

>ちょっとしたメモは、ポストイット(付箋)に書いておいて、その案件が終われば捨てちゃえばいいというのも便利な使い方として紹介しておくよ。

コレ良いですね!!やってみようかと思います。
Posted by さかもと at 2006年10月16日 20:56
>さかもと
「捨てられる」という利点は、わりと使える。
簡単な路線・時刻表とかわざわざ残しておくほどのものではないメモに使ったり。
Posted by ろこ at 2006年10月16日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック