2012年01月10日

[移籍加入を発表]中町公祐(なかまち こうすけ)@アビスパ福岡[2011-2012 移籍/新加入/契約更改]

【ダイジェスト】
2011/12/28 獲得に動いていると報道(スポニチ)
2012/01/10 移籍加入を発表(横浜F・マリノス)
 
▼2011/12/28[スポニチ]MF層さらに厚く 横浜が福岡・中町獲りへ
横浜が福岡MF中町公祐の獲得に動いていることが分かった。
中町は04〜07年にJ2湘南でプレーし08年に慶大に入学。09年に福岡で再びJ復帰し昨季はJ2で10得点をマークし、チームのJ1昇格に大きく貢献した。

今季は主将を務め24試合出場で2得点。
横浜には主将の中村を筆頭に能力の高いMFが多いだけに、中町が加入すれば選手層にさらに厚みが増しそうだ。

 
2012/01/10[横浜F・マリノス]中町公祐選手 移籍加入のお知らせ
この度、アビスパ福岡所属の中町公祐選手の移籍加入が決まりましたので、コメントと併せてお知らせいたします。

中町 公祐 (なかまち こうすけ)

◆ポジション: MF
◆出身/生年月日: 埼玉県/1985年9月1日
◆身長/体重/血液型: 174cm/74kg/O型
◆経歴: 荒牧小(前橋ジュニア) − 南橘中(前橋ジュニアユース) − 群馬県立高崎高 − 湘南ベルマーレ − 慶應大 − アビスパ福岡

■中町公祐選手コメント
「今シーズンから横浜F・マリノスでお世話になります、中町公祐です。
ビッグクラブでプレーする喜び、期待、重圧、全てを背負いピッチで表現したいと思います。応援、宜しくお願い致します。」

 
【リンク】
[Wikipedia]中町公祐

2004/08/31[スポーツナビ]川端暁彦の「Uの世代」Jリーグ1年生をチェック(2/2)
■MF中町公祐(なかまちこうすけ) 172cm 68kg 湘南ベルマーレ

ジュニアユース時代に強豪のFC前橋で主将を務め、関東選抜の経験もあった中町公祐の名前は知っていただけに、その彼が前橋育英高校でも帝京高校でもなく、県下屈指の進学校である高崎高校へと進学したのは驚きだった。
失礼ながら、同時に「ああ、サッカーの道はあきらめたのか」と思ってしまったのも事実である。しかし、これは高崎からFC前橋へと通う選手が珍しくなかったために生まれた勘違いであった。
中町は前橋在住だったのだから、彼がサッカーを断念したのなら、同じ進学校である地元の前橋高校(正直サッカーは強くない)を選ぶはずだったのである。
あえて高崎高校(なかなかの強豪である)へと進んだという1点に、彼の「意志」は当時からすでに明確に表れていたのかもしれない。

高崎高校へ進んだ中町にとって、前橋育英、前橋商業などの強豪選手と競える群馬県トレセンが貴重な経験の場となっていたのは想像に難くない。
実際、湘南のスカウトが中町を見始めたのも関東トレセン大会だったと言うし、このシステムが存在しなかったら高崎高校サッカー部で「明らかに1人だけレベルが違った」中町公祐という個性はつぶれていた可能性も低くない。
周りの生徒が夏期講習に励んでいたであろう時期をトレセンの延長である群馬県国体選抜の一員として過ごし、静岡国体で準優勝。また、慶應大学の試験も突破することに成功し、プロと「二足のわらじを履く」生活をスタートさせた。

5月29日、札幌ドームで初めてプロのベンチに腰掛けた中町のデビューは、そこから3週間を経たホームの水戸戦だった。
そして「レギュラー」と呼ばれる地位を射止めるまでに多くの時間は必要なかった。失礼ながらいささか苦痛を伴うことも少なくなかった湘南の試合観戦の快適度は、中町が出るようになった頃から(中町一人だけが原因ではないが)飛躍的に向上してきている。
プロの中では決して飛び抜けた技術を持っている選手ではないが、「意図」と「意志」を明確にボールへ込めることのできる稀有(けう)な選手。セカンドボール処理の巧みさや身体能力によらないボール奪取能力の高さも魅力の一つで、特徴のあるパスを含めてベルマーレの大先輩である中田英寿をどことなく思い起こさせるプレーぶりである。
その活躍はU−19日本代表を指揮する大熊清の目にも留まったようで、恒例のSBSカップを戦うメンバーリストには「中町公祐」の名前が刻み込まれている。


[Wikipedia]ウォーターハウス美希
ウォーターハウス 美希(ウォーターハウス みき、1986年5月14日 - )は、日本の女優、空手家(松濤館流)。

カナダ人の父親と、日本人とアメリカ人のハーフの母親を持つクオーター。ウォーターハウス亜耶は双子の妹。 夫はアビスパ福岡の中町公祐。


[Twitter]中町公祐学会 @MF7Nakamachi
中町公祐は哲学です。中町公祐はアビスパ福岡のMF/No.7/キャプテン。自らの「意思」をボールに込める事が出来る選手。botが、ほぼ…フルオートでツイートします。@MF7Nakamachi 宛にツイートして頂くと反応します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243056961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。