2011年12月03日

[引退セレモニー]波戸康弘(はと やすひろ)[2011-2012 移籍/新加入/契約更改]

【ダイジェスト】
2011/11/29 引退表明と報道(ニッカン)
2011/11/29 現役引退を発表(横浜F・マリノス)
2011/12/03 波戸康広選手の引退セレモニー挨拶(横浜F・マリノス)
 
 
▼2011/11/29[ニッカン]35歳横浜波戸「体力的に限界」今季で引退
横浜の元日本代表DF波戸康広(35)が現役を引退することが28日、分かった。25日にクラブと話し合い、2年契約が満了する今季で第一線を退くことを決めた。
「35歳という年齢を1つの設定目標にしてきました。一番長くお世話になって、自分を成長させてくれた横浜でユニホームを脱ぎたかった」と話した。

今季はリーグ戦15試合に出場。5月28日の仙台戦で通算23人目となるJリーグ出場350試合も達成した。
「若手のサブ組にモチベーションの上げ方を教えたりできて納得しているが、体力的に限界を感じるように正直なってきた」と引退理由を挙げた。

95年に滝川二高から横浜Fに入団。当初はFWだったが、99年から横浜に加入するとDFも経験し、攻撃センス光るサイドバックとして活躍し、03年にはリーグ優勝にも貢献した。
01年には当時のトルシエ監督に日本代表にも抜てきされ、右ウイングバックで15試合で日の丸を背負った。

来季以降も横浜に残り、コーチ業などで後進を指導する予定。
「何やるかはまだ決まっていませんが、Jを通じて成長させてもらったので、今度は自分が子どもたちの役に立ちたい」。郷里の淡路島にも自身のサッカークラブを創設する予定で「1人でも多くの子にサッカーを教えたい」と新たな目標を見据えた。

◆波戸康広(はと・やすひろ)1976年(昭51)5月4日、兵庫県生まれ。滝川二高3年では主将で全国高校選手権大会に出場。
95年に横浜Fに入団し、98年天皇杯優勝。横浜との合併にともなって99年横浜に加入。04年途中に柏、06年からは大宮に移籍し、10年から横浜に再加入した。
01年4月のスペイン戦でA代表デビュー。特技は将棋。小3で始め、小6で淡路島の大会で優勝。いまではプロ棋士から「3段の実力」とお墨付き。家族は夫人と1男1女。178センチ、72キロ。


▼2011/11/29[横浜F・マリノス]波戸康広選手 現役引退のお知らせ
横浜F・マリノス所属の波戸康広選手が、2011シーズンをもって、現役を引退することとなりましたので、コメントと併せてお知らせいたします。

なお、12月3日(土)J1リーグ 第34節 鹿島アントラーズ戦(ホーム最終戦)試合終了後のセレモニーにて、波戸選手からファン・サポーターの皆さまへ御挨拶させていただきます。


波戸康広選手コメント

「体力の衰えを自分自身感じるところがあり、葛藤はありましたが、今シーズンを持って引退することを決意しました。
F・マリノスは一番長くお世話になったクラブなので、2010年に戻ってくるにあたり、自分の経験をチームに還元することも考えていました。プロとしてはピッチで貢献することが第一ですが、最年長として、チームの雰囲気作りや、若手のモチベーションアップなど、この2年間で全部出し切れたと思います。ユニフォームを脱ぐならトリコロールでとずっと思っていたので、今は清々しい気持ちです。これからのことは、クラブと相談しながら決めていく予定です。
今シーズンはまだ、リーグ最終戦、天皇杯が残っています。ホーム最終戦は、試合内容、結果の両方で来年に繋げる試合にしたいです。選手全員が強い気持ちで一丸となって戦います。天皇杯はACLに自力で行けるチャンスが残っているので、今年一年間戦った同じ仲間で優勝トロフィーを掲げ、優勝してユニフォームを脱ぎたいです。
ファン・サポーターの皆さまからは、苦しいとき背中を押していただき、勇気をもらっていました。感謝の言葉しかありません。お忙しい時も遠い遠征先でも、いつもご声援いただき、17年間、本当にありがとうございました。」

波戸 康広/Yasuhiro HATO
◆ポジション:DF
◆出身/生年月日:兵庫県/1976年5月4日
◆身長/体重/血液型:178cm/72kg/B型
◆経歴:津井小(津井FC) − 辰美中 − 滝川第二高 − 横浜フリューゲルス −
横浜F・マリノス − 柏レイソル − 大宮アルディージャ − 横浜F・マリノス

◆国際Aマッチ出場:15(得点0)


▼2011/12/03[横浜F・マリノス]波戸康広選手の引退セレモニー挨拶
12月3日(土)に行われたJ1第34節・鹿島アントラーズ戦後、今季限りで現役を引退する波戸選手の引退セレモニーが実施されました。


「今日は僕ごときに、このような場を設けて頂きありがとうございます。僕は今季を持ちましてユニフォームを脱ぎ選手を引退させていただきますが、我がF・マリノスは天皇杯を控えております。この場で引退の挨拶をしんみりとして士気がさがるのも嫌なので、みなさん僕を明るく見送ってください。

僕は幸せ者です。大好きなサッカーを職業として17年間出来たことの最後に、横浜F・マリノスという偉大なクラブでユニフォームを脱ぎ卒業を出来ること。そして、たくさんの素晴らしいファンの方々に見守られ卒業出来ることです。そして、最年長の僕をいたわらないチームメイトと、広島弁監督、明るいコーチ陣の元でプレー出来たことを誇りに卒業出来ることです。

監督、コーチの皆さまお世話になりありがとうございました。選手のみんなとプレーでき、幸せでした。ありがとう。この場に残っていただいた心温かい素晴らしいファンの皆さま、私、波戸康広への声援ありがとうございました。

これからも横浜F・マリノスならびに、Jクラブへの熱き応援よろしくお願い致します。皆さん、お世話になり、ありがとうございました」



横浜Fマリノス波戸康広引退の挨拶 2011年12月3日マリノス vs アントラーズ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。