2010年12月11日

[川崎へ完全移籍]柴崎晃誠(しばさき こうせい)@東京ヴェルディ[2010-2011 移籍/新加入/契約更改]

【ダイジェスト】
2010/11/29 正式オファーをしたと報道(スポニチ)
2010/12/02 柏・川崎がオファーと報道(ニッカン)
2010/12/10 川崎入りが決定的と報道(神奈川新聞)
2010/12/11 川崎へ完全移籍と発表

▼2010/12/10[神奈川新聞]川崎:MF谷口が横浜M移籍か、出場機会求めて初交渉済み
Jリーグ1部(J1)横浜Mが、来季の戦力補強としてJ1川崎の北京五輪代表
MF谷口博之(25)の獲得に乗り出していることが9日、明らかになった。
関係者によると、既に正式オファーと初交渉を済ませているという。
谷口は横浜Mの下部組織出身。県内J1クラブ間の大型移籍となるか、交渉の行方が注目される。

今季8位の横浜Mはベテランら大量8選手と契約を更新せず、世代交代を進めている。
特に、年間を通して固定できなかった守備的MFの補強は急務で、
「中盤の底でハードワークできる選手」(横浜M関係者)として谷口に注目。
完全移籍での獲得を目指している。

谷口は今季、稲本の加入や若手の台頭などで、リーグ戦の先発出場が12試合にとどまった。
川崎とは来季の契約を残すが、代理人を通じて移籍先を模索。取材に対し、
「プロはまず試合に出ることが優先」とも話していた。

川崎側もこうした動きを把握した上で、クラブ幹部は「うちは戦力として考えているが、
『出場機会を求めて』という気持ちも尊重したい」と説明。
谷口移籍の可能性も念頭に置いて補強を進めており、
J2東京VのMF柴崎晃誠(26)の獲得が決定的。
J2横浜FCに期限付き移籍中のMF久木野聡(23)の復帰も濃厚だ。


▼2010/12/02[ニッカン]柏が東京V柴崎獲り 可能性「五分五分」
来季J1復帰を決めている柏が、東京VのMF柴崎晃誠(26)の獲得交渉を進めていることが1日、分かった。
ネルシーニョ監督が試合を組み立てられるボランチとして評価し、獲得に動いた。
柴崎は今季、主将として出場停止を除く34試合にフル出場。
川崎Fなどもオファーを出しているが、柏の関係者は「感触は良かった。可能性は五分五分」と話した。


▼2010/11/29[スポニチ]横浜大荒れ必至の“大刷新”サポは早くも抗議
一方、補強に関してはJ2東京VのMF柴崎晃誠(26)、J2柏のDF小林祐三(25)に正式オファー。
柴崎には柏、川崎F、神戸もオファーしており、所属する東京Vを含め5クラブによる争奪戦になっている。
横浜がオファーを出したのは広島のDF槙野、清水のMF藤本、DF青山を含め計5人。
ただ、すでに槙野に断られるなど補強の見通しは厳しい。(抜粋)


【Weblog】
[Wikipedia]柴崎晃誠

[YouTube]09/12/05 東京ヴェルディ最終戦セレモニー柴崎晃誠&服部年弘&高木義成


[J-Player Ranking&Check]東京ヴェルディ 8 MF 柴崎晃誠
国士舘大出身で、ヴァンフォーレ甲府の養父雄仁選手と同期、
カターレ富山の足助翔選手、東京ヴェルディの鈴木智幸選手の1年先輩である。

国見高出身で、モンテディオ山形の園田拓也選手、名古屋グランパスの巻佑樹選手、
ヴァンフォーレ甲府の松橋優選手、京都サンガF.C.の渡邉大剛選手と同期である。

[最終更新日:2010/12/11]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。