2010年12月30日

[仙台への移籍を発表]角田誠(かくた まこと)@京都サンガ[2010-2011 移籍/新加入/契約更改]

【ダイジェスト】
2010/11/20 獲得に動くと報道(デイリー)
2010/12/01 C大阪への移籍が決定的と報道(デイリー)
2010/12/16 仙台がオファーと報道(デイリー)
2010/12/21 仙台への移籍が決定的と報道(ニッカン)
2010/12/30 仙台への移籍を発表

▼2010/12/21[ニッカン]京都角田、C大阪有力も一転仙台入り
仙台が京都の元U−23(23歳以下)日本代表DF角田誠(27)を獲得することが20日、分かった。
本人と合意し、近日中に正式発表される。
角田は今季で契約が切れる京都のJ2降格に伴い、移籍先を模索。当初はC大阪入りが濃厚だったが急転した。


▼2010/12/16[デイリースポーツ]京都DF角田に獲得オファー…仙台
ベガルタ仙台が京都の元U―23日本代表DF角田誠(27)に獲得オファーを
出したことが14日、分かった。角田サイドがこの日、オファーの事実を認めた。

角田は180センチの体格を生かした強さだけでなく、後方からのフィードも得意とする万能型DF。
今季第3節、3月20日の京都―仙台戦で先制ゴールを決めるなど、仙台としては苦い思いをさせられた相手として印象大。
センターラインの強化を目指している補強ポイントに合致する人材として、白羽の矢が立った。

今季で京都との契約が終了。チームもJ2降格のため、J1でのプレーを希望。
ここまではC大阪移籍が決定的となっていた。だが、去就問題で揺れていた
手倉森監督の続投が決定した仙台も遅ればせながら、ラブコールを送る形となった。


▼2010/12/01[デイリースポーツ]J2降格の京都MF角田がC大阪移籍へ
来季J2降格が決定しているJ1京都のMF角田誠(27)が来季から、
J1C大阪へ移籍することが30日、決定的となった。
10月初旬に正式オファーを受けていたC大阪に対し、本人が「やっているサッカーに魅力がある。
ホンマに参加したい」と移籍の意思を明らかにした。

角田はボランチやサイドバックなど守備的ポジションを複数こなす器用さに加え、高い攻撃力も持ち合わせる万能型。
9月初旬に1番手で獲得に乗り出したC大阪を筆頭に守備陣の若返りを図りたい横浜M、
仙台が正式オファーを出し、他にも2クラブが興味を示すなど争奪戦となっていた。

J2降格に伴う予算の見直しにより、スリム化を目指す京都では、
元日本代表FW柳沢が約6000万円(推定)の年俸がネックとなり、すでに戦力外を通告された。
一方で、今季クラブ最年少得点を挙げたFW宮吉は「降格させた責任もある」と話すなど、
若手の中には残留を決めた選手もいる。
ただ高額年俸選手をクラブ側が積極的に慰留してはおらず、今後も主力流出が続くものとみられる。


▼2010/11/20[デイリースポーツ]京都“草刈り場”…横浜Mが角田獲り
J2降格が決まっている京都のMF角田誠(27)に対し、
横浜MなどJ1の3クラブが獲得に動いていることが20日、分かった。

角田は出場22試合4得点で守備的ポジションはどこでもこなす万能型MF。
守備陣の若返りを図りたい横浜Mが、新潟DF永田に続き白羽の矢を立てた。

話し合いは続けているが、現時点で京都からの条件提示は受けていない。
角田は自身の去就について「年齢的にも自分のレベルを上げる最後のチャンス」と、新天地への移籍を示唆した。


【Weblog】
[Wikipedia]角田誠

[最終更新日:2010/12/30]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。