2010年11月09日

( ´・ω・`)<2010年・栗原勇蔵ケガまとめ

2010/11/09[スポニチ]栗原は今季絶望…1月のアジア杯も微妙か
6日の湘南戦で負傷した横浜のDF栗原が精密検査を受け、
左太腿裏の肉離れで全治4〜6週間と診断された。
前日7日に医師の視察を受けた際にも「全治4〜6週間。予想通り」と話していたが、
今季残り試合の出場は絶望となった。

センターバックの栗原は日本代表として10月のアルゼンチン戦や韓国戦でプレー。
ザッケローニ監督が率いるチームで定位置の確保を狙う立場だが、来年1月のアジア杯出場も微妙だ。


(ノД`) 勇蔵、今年ケガ多過ぎ…
ということで、横浜F・マリノスオフィシャルサイトからまとめる。

2010/11/09栗原勇蔵選手の負傷について
11月6日の試合中(2010J1リーグ第29節 湘南ベルマーレ戦)に負傷したDF栗原勇蔵選手が、
本日、病院にて検査を受け、下記の通り診断されましたのでお知らせいたします。

栗原勇蔵選手 MRI検査/左ハムストリングス肉離れ(全治4〜6週間)


2010/09/07栗原勇蔵選手、中澤佑二選手の負傷について
9月4日の試合中(キリンチャレンジカップ2010 日本代表 vs パラグアイ代表)
に負傷したDF栗原勇蔵選手と、9月6日の練習中(同日本代表)に負傷した
DF中澤佑二選手が、本日、検査を行い下記の通り診断されましたのでお知らせいたします。

MRI検査結果 栗原勇蔵選手/左下腿筋膜炎(全治約1週間)
MRI検査結果 中澤佑二選手/右下腿肉離れ(全治約6週間)


2010/06/12栗原勇蔵選手の負傷について
6月9日の試合中に負傷したDF栗原勇蔵選手が、6月11日に病院にて検査を受け、
下記の通り診断されましたのでお知らせいたします。

栗原勇蔵選手 左ハムストリングス肉離れ(全治4〜6週間)


2010/02/16栗原勇蔵選手の負傷について
2月10日の宮崎キャンプ練習試合 京都サンガF.C.戦(宮崎シーガイアイベントスクエア)にて
負傷しましたDF栗原勇蔵選手が、2月15日、病院にて検査を受け、
下記の通り診断されましたのでお知らせいたします。

栗原勇蔵選手  右大腿二頭筋肉離れ (全治4週)


2010/01/31トリコロールフェスタ 選手欠場のお知らせ
体調不良のため、栗原勇蔵選手が
「NISSAN presents 2010横浜F・マリノス トリコロールフェスタ」
を欠場することとなりました。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


全てはココから始まったというオチになりますが、
筋肉系の故障は、筋肉の「太さ」と「長さ」のバランスがうんぬんって
素人話で聞くのですが、そういうことなんですかね?
ギックリ腰をやった人間がエラそうに言うのも何ですが(w

まぁ、なっちゃったものはしゃーない。
しっかり治せ!>勇蔵

[2010/11/09(Tue)]

posted by ろこ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168860570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。