2010年07月15日

ロコさぬ家の梅干し2010 [2]ロココが梅干しを酸っぱいと言ったから。

ロコさぬ家の梅干し2010 [1]ロココが梅干しを酸っぱいと言ったから。
…の続き。

まったく経過を書かないでスイマセン。
"なんとか"梅干しみたいになってきました。
"なんとか"...?
 
▼ 。・゚・(ノД`)・゚・。 梅が、ボクの梅が…

スーパーで買った梅はまだ青いため、
通気性を考慮し、段ボールに入れて日の当たらない部屋に置く。

すると何日かすると桃のような甘い匂いが部屋に充満するようになる。
ひょっとして食べたら甘いのか?と思ったが
そんなことはないだろうと踏みとどまる。

数日経ち、そろそろ漬けてもいい感じの色になってきた。
ロココと作業するために週末にやろうと思っていた。
が、週末は色々予定が入ったりしてなかなか作業ができないでいた。

そして、桃のいい匂いもそろそろしなくなってくると…

20100629_ume2.jpg
(強めの"ぼかし"をかけています。あしからず)

。・゚・(ノД`)・゚・。 傷んでる...
しかもモノによってはカビが生えてしまっていた...

▼それでも元気な梅達を漬けるため下ごしらえ。

20100629_ume1.jpg

先ずは1個ずつヘタを取ります。

ここでもアクシデント!
最初、子どものお弁当に使うプラスチック製の楊枝で取ろうとしたが、
先が太いためうまく取れない&ムキになって果肉を刺してしまう( ̄□ ̄;)

やはりレシピに書いてあるとおりにしないといけない。
普通の楊枝を使ったら、何てこともなく取れていく…。

▼量が少なくなってしまったので「ジップロック漬け」にチャレンジ!

当初は「ビン」と「ジップロック」で漬けようと意気込んだが
梅の量が減ってしまったため、ジップロックだけで漬けることにする。

レシピ本に書いてある梅の量から逆算して、
梅と一緒に漬けるホワイトリカーと塩の量を計算する。

そもそもの話だが「塩分○%って何を根拠に言っているのかしら?」
と思っていたのだが、今回のこの計算をしたことでその謎が解けた。

梅に対して塩の量がいくつか?ということなので、
仮に梅1kg(1000g)に対して180gの塩を入れると「塩分18%」になるということだ。

レシピ本によれば塩分が強すぎた場合は、水で洗い流せば調整できると書いてあった。
今回は塩分15%になるように塩の量を加減した。
(´-`).o0(後で調べたら、市販されている塩だけ漬けている梅干しは軒並み20%だったのだが)

▼ジップロック漬けの利点

20100629_ume3.jpg

写真のように梅が縦ではなく横に均一に並ぶため、
ホワイトリカー&塩がまんべんなく漬かることができる。

逆にそんな関係で「おもし」は平べったいものがいいので…

20100629_ume4.jpg

本にした(w

さぁ、後は梅雨明けまで日の当たらない涼しい場所で保管します。

つづく

[2010/07/15(Thu)]

posted by ろこ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロコさぬ家の梅干し2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156426780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。