2010年01月12日

[甲府に内定]パウリーニョ@元京都サンガ[2009-2010横浜F・マリノス人事往来]

【ダイジェスト】
2009/12/21[スポニチ]横浜 決定力不足解消へ元京都FWに白羽の矢
2010/01/07[山梨日日新聞]元得点王パウリーニョ獲得 新生VF甲府、陣容固まる
2010/01/12[ヴァンフォーレ甲府]パウリーニョ選手 加入内定のお知らせ
 
2009/12/21[スポニチ]横浜 決定力不足解消へ元京都FWに白羽の矢
横浜が元京都のFWパウリーニョ(27)の獲得に乗り出していることが分かった。
関係者によると、横浜は決定力不足解消のため
過去Jリーグに所属したブラジル人を中心に調査。
05年から今年9月まで京都でプレーしJ1通算42試合20得点の
実績を残したパウリーニョに白羽の矢を立てた。

パウリーニョは現在、母国ブラジルのスポルチ・レシフェでプレー。
日本復帰を希望しており、横浜入りの可能性は高いという。

---
2010/01/07[山梨日日新聞]元得点王パウリーニョ獲得
新生VF甲府、陣容固まるFW陣はJ2屈指に

サッカーのJリーグ2部(J2)ヴァンフォーレ甲府(VF甲府)に
元京都のFWパウリーニョ(27)が加入することが6日、確実となった。
すでに加入が内定しているハーフナー・マイクに続くFWの補強で、
マラニョン、金信泳の既存戦力と合わせ、J2でもトップクラスの攻撃陣が形成されることになる。

パウリーニョは身長168センチ、体重62キロと小柄ながら、
スピードに乗ったドリブル突破と正確なシュートが持ち味。
2005年から09年の昨季途中まで京都に所属し、
エースストライカーとして活躍した。

05年には32試合で22点を奪って得点王に輝き、
京都がJ1昇格を果たす原動力になった。
Jリーグ通算127試合で66ゴールをマークし、
昨季途中からブラジルのクラブチームでプレーしていた。

流れの中からの得点力だけでなく、正確なプレースキックも武器。
08年シーズンは左アキレス腱を断裂してわずか4試合の出場にとどまったが、
けがは完治しており、J1クラブとの争奪戦の末に加入が内定した。
(中略) 
今オフはハーフナー、パウリーニョと即戦力のFW陣の補強に成功し、
中盤、最終ラインにはMF養父雄二、CB柳川雅樹ら若手有望株を獲得した。
編成にあたった佐久間悟GMは「限られた予算の中で若干の
無理をした補強となった。今年にかける思いをサポーター、
スポンサーの方々には理解し、協力していただきたい」とコメントした。

---
2010/01/12[ヴァンフォーレ甲府]パウリーニョ選手 加入内定のお知らせ
---
[Wikipedia]パウロ・アントニオ・デ・オリベイラ
---
[最終更新日:2010/01/12]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック