2009年12月25日

[完全移籍]小宮山尊信(こみやま たかのぶ)[2009-2010横浜F・マリノス人事往来]

【ダイジェスト】
2009/08/17[スポニチ]浦和 横浜の万能MF小宮山獲得へ動く
2009/10/31[スポニチ]浦和がリストアップ
2009/12/02[スポーツ報知]複数年契約の提示を保留
2009/12/17[中日スポーツ]小宮山が川崎に移籍
2009/12/19[スポーツ報知]関係者「契約更改の過程で一部誠意を欠いた面があった」
2009/12/25[横浜F・マリノス]小宮山尊信選手 川崎フロンターレへ完全移籍のお知らせ
 
2009/08/17[スポニチ]浦和 横浜の万能MF小宮山獲得へ動く
浦和が横浜のMF小宮山尊信(24)の獲得に動いていることが16日、分かった。
関係者によると、すでに金銭面などの調査を終え、横浜側に獲得を打診している。

小宮山は両サイドバック、両サイドMFをこなせる万能タイプ。
今季リーグ戦でも15試合2得点を記録している。

今季の浦和は本職がボランチの細貝やルーキー永田が主に左サイドバックでプレー。
右サイドバックではベテランの山田暢が質の高いプレーを続けているが、
三都主の流出もあり、層の薄い両サイドバックが最大の補強ポイントとなっている。

チームは公式戦5連敗中。
フィンケ監督は「なぜ、毎年優勝しなければいけないと言われるのかが分からない。
今はサッカースタイルの変換を試みている」と話しているが、
結果が出ないこともあり、なりふり構わず即戦力の補強に動いた形だ。

今季限りで契約が切れる小宮山に対して、
横浜も契約延長オファーを出す方針を固めており、今後の動向が注目される。

---
2009/10/31[スポニチ]浦和2年越しラブコール!広島の柏木を獲得へ
また浦和はJ2降格が決定した大分のMF金崎、
VVVフェンロが獲得に動いているJ2・C大阪のMF香川、
今夏から調査を進めてきた横浜のDF小宮山らもリストアップしている。

ただ複数のクラブと競合しており、交渉が難航することは必至だ。
浦和幹部は「低迷を続けているチームに以前ほどのブランド力はない」と話しており、
補強に関しても構想通りに進まないのが現状だ。(抜粋)

---
2009/12/02[スポーツ報知]14日に木村和司監督の就任会見…横浜M
現在、行われている契約更改に下條氏の姿はなく、
新指揮官もJリーグの監督経験がない。
直接、将来の方向性を示されていない選手は不安を抱えたまま。
この日、契約更改に臨んだDF小宮山も「この先チームがどういう
ビジョンを持ってやっていくのかを聞いてみないと」とし、
複数年契約の提示を保留。(抜粋)

---
2009/12/17[中日スポーツ]小宮山が川崎に移籍
横浜F・マリノスのDF小宮山尊信(25)が川崎に
移籍することが16日分かった。
起用法や木村浩監督解任などで「正直、このチームに不安を感じている」
と話していた小宮山には、大宮からもオファーがきているが、
小宮山は18日にも川崎へ移籍することを横浜Mに告げる。

この日、横浜Mの石井強化部長は「古巣への愛着と
ACL出場チームということだろうけど、難しい。
大宮はもうなくなった。本人とはまだ話してない」と話した。

小宮山は2006年に特別強化指定選手として横浜Mでデビュー。
左サイドながら、J通算10ゴールの高い攻撃力と中央へ切り込んでの
ミドルシュートは大きな武器で、オシム監督時代には代表候補にも選ばれた。
この数年、強化のポイントが左サイドだった川崎にとっては最高の補強となる。

2009/12/19[スポーツ報知]獲るぞF東京・中村…横浜M」
横浜MがF東京DF中村北斗(24)の獲得に乗り出すことが19日、分かった。
クラブ関係者によると、DF小宮山が川崎に移籍することでサイドバックが手薄となるためで、F東京の状況などもあり、交渉が成立しても期限付きでの移籍となる見通し。
(中略)
また関係者によると、小宮山の移籍に関しては契約更改の過程で
横浜M側に一部誠意を欠いた面があったことも要因のひとつで、
主力として期待していたクラブにとっては大きな痛手。
川崎行きを惜しむチームメートも続出している。

---
2009/12/25[横浜F・マリノス]小宮山尊信選手 川崎フロンターレへ完全移籍のお知らせ
DF小宮山尊信選手が、川崎フロンターレへ完全移籍することが決まりましたのでコメントと併せてご案内致します。
(中略)
◆小宮山尊信選手コメント
「今まで戦ってきた仲間、温かいサポーター、そしてF・マリノス愛などから、
今回の移籍に 関して一生分悩みました。
しかし、自分の原点である挑戦すること、チャンレジすることに返り、
新たな地で自分を磨こうと思い、移籍を決断しました。
強化指定も入れて4年間、サポーターの方々や仲間からたくさんの
愛をもらってここまでやっていくことができました。
本当にありがとうございました。スタッフの方々にも本当に感謝しています。
新天地でも頑張ってきます。本当にありがとうございました。」

---
[Wikipedia]小宮山尊信
---
[最終更新日:2009/12/25]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。