2009年01月20日

[移籍報道]山瀬功治(やませ こうじ)[2008-2009横浜F・マリノス人事往来]

2008/09/18[デイリー]神戸が“得点王”横浜M・山瀬功獲り検討(PC
 J1神戸が来シーズンの新戦力として、岡田ジャパンの“得点王”
横浜MのMF・山瀬功治(26)の獲得を検討していることが17日、分かった。
今季は腰痛を抱えるボッティや古賀、朴らケガ人が続出。
日本代表FW大久保らの得点力を生かしきれず、現在12位と低迷している。
手薄な中盤の戦力として、獲得候補の上位に山瀬功をリストアップし、
一気に大幅な戦力アップを狙う。

 ドリブル突破に定評があり、岡田ジャパン最多タイの4得点と
決定力も兼ね備える山瀬功の能力を神戸は以前から高く評価。
獲得には推定年俸4000万、移籍金約2億4000万と計3億円近くが必要となるが、
複数年契約を含めた破格の条件を検討している。

 クラブは12月6日のリーグ戦最終節終了を待って、本格的に獲得に乗り出す方針。
山瀬功以外にも、日本代表DF中沢佑二(横浜M)、
MF香川真司(C大阪)らをリストアップしている。

 6日のサポーターズミーティングで、和田統括本部長は
「日本代表クラスの補強も必要。アジアCL出場できるような、
リーグで3位以内に入れるような構成にする」と来季の大型補強を示唆。
10年アジアCL出場、15年のクラブW杯出場と具体的な
目標に向けてクラブ強化に取り組むだけに、日本代表クラスの補強は不可欠となってくる。


2008/09/19[デイリー]横浜M「来季も中心」…山瀬功&中沢(PC
J1横浜Mの日本代表MF山瀬功、DF中沢の代理人を務める
田邊伸明氏が18日、松本チーム統括本部長と会談。
09年1月末に契約が切れる両選手に神戸など複数クラブが注目している中、
横浜M側は「チームの中心と考えている」と来季以降も契約を更新したい考えを示し、
同代理人は「具体的な話はない。ただの情報交換」とした。

名前が浮上した山瀬功はこの日、チーム練習に合流したが、
右足首の痛みが残っており、20日・磐田戦出場は依然として微妙。
「起用は監督が決めること」と言葉少なだった。


2008/12/25[サンスポ]横浜M・山瀬功は残留…契約更改サインせず(PC
横浜MのMF山瀬功治(27)が25日、来季も残留することが確定した。
2度目の契約更改交渉でサインこそしなかったが、
クラブ幹部は「(残留で)問題はないと思う」と明言。
山瀬功には神戸などが獲得に興味を示していた。

また、J1磐田で強化部強化担当兼チーフスカウト担当を務める
石井肇氏(49)が来季からチーム統括本部テクニカルディレクターに就任すると発表した。


2009/01/17[OHP]2009年度契約更新選手について(PC


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。